狙われやすい車とは?

車のなかにも、とくに盗まれやすい車があることをご存知でしょうか。「盗まれやすい」ということは、犯人にとっては「盗みたい」「盗みやすい」車だということでもあります。盗難車に関するデータは統計として出ています。盗難車に関する現状を認識し、対策すべきがどうか知っておきましょう。

車種別盗難台数

以下の表は、一般社団法人「日本損害保険協会」が行った「自動車盗難事故実態調査」のデータです。

2013年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 ハイエース 148 23.9%
2 プリウス 70 11.3%
3 ランドクルーザー 46 7.4%
4 セルシオ 38 6.1%
5 クラウン 32 5.2%
6 マークX 17 2.1%
7 インプレッサ 13 2.1%
エルフ 13 2.1%
9 インテグラ 11 1.8%
ハリアー 11 1.8%
レンジャー 11 1.8%
ファイター 11 1.8%
フォワード 11 1.8%
2014年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 プリウス 70 18.8%
2 ハイエース 40 10.8%
3 ランドクルーザー 39 10.5%
4 アクア 23 6.2%
5 セルシオ 17 4.6%
6 クラウン 14 3.8%
7 レンジャー 10 2.7%
フォワード 10 2.7%
9 レクサス 8 2.2%
10 ファイター 7 1.9%
2015年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 プリウス 62 19.9%
2 ハイエース 55 17.6%
3 ランドクルーザー 23 7.4%
4 アクア 18 5.8%
5 クラウン 15 4.8%
6 レクサス 12 3.8%
7 キャンター 7 2.2%
ハリアー 7 2.2%
9 アルファード 6 1.9%
セルシオ 6 1.9%
2012年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 ハイエース 67 13.1%
2 クラウン 53 104%
3 セルシオ 45 8.8%
4 プリウス 33 6.4%
5 ランドクルーザー 25 4.9%
6 フォワード 13 2.5%
7 ヒノレンジャー 12 2.3%
8 ワゴンR 11 2.1%
8 マークX 11 2.1%
8 キャンター 11 2.1%
2011年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 ハイエース 117 17.1%
2 セルシオ 69 10.1%
3 ランドクルーザー 63 9.2%
4 クラウン 48 7.0%
5 プリウス 32 4.7%
6 ワゴンR 19 2.8%
7 カムリ 18 2.6%
8 ハリアー 15 2.2%
9 マークX 13 1.9%
9 フォワード 13 1.9%
9 インプレッサ 13 1.9%
2010年11月調査
順位 車種 件数 構成比
1 ハイエース 108 17.9%
2 セルシオ 56 8.8%
3 ランドクルーザー 38 6.0%
4 サーフ 37 5.8%
5 クラウン 31 4.9%
6 ワゴンR 25 3.9%
7 プリウス 22 3.4%
7 マークX 22 3.4%
9 ベンツ 13 2.0%
10 フォワード 11 1.7%
10 タント 11 1.7%

表を見ると、ワースト5までは常に似たような顔ぶれが並んでいることが分かります。なかでもハイエースは2007年以来ワースト1位を記録し続けている大変被害に遭いやすい車です。しかし、オーナーの防犯意識向上や窃盗団の検挙などにより、2012年になって件数が大きく減少しているのが分かります。また、2012年5月モデル以降にはイモビライザー(※)が標準搭載になるなど、今後さらなる盗難数減少が見込まれています。

とはいえ、年式の古い車はまだまだ狙われることも多く、またイモビライザーも万能ではありません。被害をさらに減らしていくため、さらなる防犯意識の向上が求められています。

※キーに埋め込まれた電子チップによって、キー固有のIDコードと車両のIDコードを照合することでエンジンを始動するシステム。これがあることで、物理的にコピーしただけのキーではエンジンを始動できなくなる。

カーセキュリティーのインストール(取り付け)はプロにお任せください

カーセキュリティーの取り付けはご自身でも可能ですが、取り付けたうえで性能を十分に引き出すには専門的な知識と技術を要します。大切な車を犯罪から守るため、カーセキュリティーの取り付けはプロにお任せください。大田区のトレンドワークスは、安価で高品質のカーセキュリティーをご提供します。ぜひ、お気軽にご相談ください。

東京でNo.1のVIPER施工実績!カーセキュリティー取り付けのお申し込みはこちら